SOJA

SOJAブログでは茂山狂言会事務局からのちょっとした情報、例えば、茂山家の狂言や新聞・TVへの出演予定などタイムリーに掲載して参ります。

SITE FEED

茂山千五郎家 公式サイトへ




チャリティー狂言会をいたします

3月11日に起こりました東日本大震災におきまして、被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と一日も早い復興をお祈りいたします。
連日報道される被災地の現状を知るにつれ、茂山千五郎家一門でも被災された皆様に出来る事はないかと話し合いました。我々に出来る事は舞台を通じての活動しかありません。そこで「チャリティー狂言会」をいたします。
これまで茂山家は東北や関東の方々から何度も暖かい声援をいただいて参りました。一日も早く皆様が安全で豊かな生活を取り戻されることを切に願い、力強く復興した東北や関東の街々で再びファンの皆様の前で公演ができることを信じております。そのために、ささやかではございますが義援金を募り被災者の方々の支援にお役立ていただきたいと思います。
このような時期に笑いの舞台を上演するのは如何なものかと思われる方もいらっしゃると思います。しかし、このような時期だからこそ、被災していない人間が笑顔になり、その笑顔を義援金を通じて被災者の方々にも届けて行きたいと思います。どうぞ関西の皆様にはこの主旨にご賛同頂きお誘い合わせの上ご来場賜りたく存じます。
当日集まった義援金は日本赤十字社ほかNPO団体を通じ、全額寄付いたします。

「東日本大震災チャリティー狂言会」
日時:2011年4月12日(火)17時〜21時
会場:大江能楽堂(京都市中京区押小路通柳馬場東入)
チケット:入場無料(自由席・出入自由)

番組:棒縛、附子、蝸牛など初心者にもわかりやすい演目を中心に上演致します。当日リクエストなども受け付けます。

主催:茂山千五郎家一門
協力:大江能楽堂
問い合せ:茂山狂言会事務局075-221-8371

Posted by 茂山狂言会事務局 at 12:15

パーマリンクコメント (7)トラックバック (3)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.soja.gr.jp/mt/mt-tb.cgi/2339

» 東日本大震災チャリティー狂言会 from がんばろう日本
京都の茂山千五郎家一門様主催でチャリティー狂言会が催されるそうです。 狂言というと普段はなかなか見に行く機会がないもの、 この機会に是非いかがでしょうか。... [詳しくはこちら]

» 茂山狂言会主催のチャリティー狂言会 from groove?
能楽というとあまり馴染みが無いかもしれませんが、狂言は初めてでも楽しめる伝統芸能... [詳しくはこちら]

» [東日本大震災]東日本大震災チャリティー狂言会 from 京都市建設局と闘う 一京都市民のブログ
 12日、京都 大江能楽堂にて茂山千五郎家一門が主催された、「東日本大震災チャリティー狂言会」に行ってきました。 『附子』 『蝸牛』 『棒縛』 『鬼瓦』... [詳しくはこちら]

コメント

はじめまして!
狂言をまだ見たことがありませんでしたが
チャリティー狂言会をされることを聞き
是非、この機会に見てみたいと思いました。

曲目解説を読んで見ると分かりやすく
ますます興味がわいてきました。

私のブログ(4月10日分)に曲目解説の写真をダウンロードして
UPさせていただきました。
写真掲載は大丈夫ですよね?

とても楽しみにしています。

こんばんは!
今日は行きたかったのですが、仕事で行けなくて、残念でした。きっとたくさんの方々がいらっしゃったのではないでしょうか。
私の勤務先の食堂では、精算時に募金ができる取り組みが始まっていて、早速利用してみました。
ほんのすこしでも被災地の役に立ちたい、その気持ちを決して風化させないように、これから毎日チミチミとですが、続けていきたいです。
狂言で希望を見いだせる人はたくさんいると思います。ぜひ、またしていただきたいです。チケットを買ってでも行きますので!

素晴らしい狂言会でした。
千五郎師の「頑張れニッポン」が、超満員の客席をひとつにしましたね。
改めて、狂言の持つ力を感じました。
きっと、この一夜の京都の熱い思いが、被災地に届いたことと思います。
ほんとうに、ありがとうございました。

夕べはありがとうございました。
有意義な催しでした。大勢のお客さんで、盛会でしたね。

実は前日も前々日も塩鯛師匠の舞台を見ておりました。
丸石さんに「出ーへん?」と言われて、練習もしてないのに、と言われてましたが、さすが、楽しい舞台でした。
お誂えでもないと、思うのですが、鯛の模様の衣装があったのですね。

ほかにトクした気分は虎&龍のおふたりの舞台、とても可愛くて、これからが楽しみです。

狂言は年に1〜3回程度見ています。
義援金、たくさん集まりましたか?
個人的にはタバコはキライで〜す・・・

逸平さま、京都市芸術賞の受賞おめでとうございます!!

昨日のチャリティー狂言会、拝見しました。
途中参加だったので千五郎大先生の「がんばれニッポン!」を聞きそこねたのが残念ですが、虎くんと龍くんの頑張り、サプライズ・ゲストの塩鯛師匠と米二師匠、『濯ぎ川』で千五郎大先生のお嫁様(童司さんのお姑どのもどこか可愛げがあって憎めない、このキャストで再演熱望(笑))と盛りだくさんで、本当に楽しく元気をもらって帰りました。
準備が大変とは思いますが、今回来られなかった方も多いでしょうし、会場を変えてもう何回か開催されませんか?日本赤十字社の募金が終了したら、お客様からの募金を資金にご一門の被災地公演とか・・・皆様のお力ばかりアテにするようで申し訳ないのですが、昨日の大笑いとあたたかい客席の雰囲気に、これも現地に届けられたらいいのに、と強く思った次第です。
普段は嫌煙の私ですが、お酒&タバコのほうにも心ばかりの協力をしました。いつも身近にあったものが届くことで安心や元気を補充してもらえたら嬉しいですよね。

でも花粉症にはタバコは良くないそうです、ご注意を。

チャリティ狂言会本当に楽しく それでいて被災地の方に微力ながら寄付も出来アルコール&タバコ寄金は流石茂山の面々ならではの発想さぞ喜んで頂ける事と有意義かつ楽しい企画に感謝です。明後日は春狂言で又笑わせて頂きます。皆様お疲れの出ませんように

twitterでチャリティー狂言界のことを知り、恥ずかしながら初めて狂言を観にいかせていただきました。
遅れていったのですが、ちょうど入れ替え時だったことから正面の席に座ることができ、とてもすばらしい時間を過ごせました。
震災後、頭の奥で無理やり笑えと言われて笑っているようでしたが、この日狂言を観ているうちに、あちこちのかたまっていた部分がほぐされ、自然に笑っていました。

最初に観た演目の、お堂の鬼瓦を見て奥方を思い出し笑う、というところではなぜか涙が出てしょうがありませんでした。
きっと、被災地の方も、そうした思い出の場所をお持ちだっただろうし何かを見て思い出す顔がおありだっただろう。なのに、もうそれが叶わぬ方が大勢いらっしゃることを思い、本当に少しでも早く心安く過ごされる日を迎えられることを祈らずにはおられませんでした。
どうぞ、いつの日か、皆様のお力でかの地の方にも笑顔をもたらしてあげてくださることを僭越ながら願っております。
すばらしい企画、ありがとうございました。

コメントを投稿






最近のコメント

最近のトラックバック